ネットショップが売れない理由は?原因と対策徹底解説

2021年08月19日(公開日:2021年8月19日)

「ネットショップをやれば売れると思っていたのに、全然売れない!」
「いい商品なのになぜ売れないの?」
と悩むネットショップ運営者の方は少なくないのではないでしょうか?

ネットショップは作っただけでは売ることはできません。
サイトを知ってもらうための集客が何よりも大切です。
デジタルデバイスが普及した近年、Web広告での集客が主流になっています。

今回は、売れない理由や効果的な集客を生むネット広告について説明します。
ショップサイトのアクセスや注文を増やしたい、インターネット広告について知りたい方はぜひ参考にしてください。

売れるネットショップへ!ネット上で広告を出す方法

インターネットで広告を出し集客するのが効果的とお伝えしましたが、どのようなネット広告があるのでしょうか?
多種多様な種類がありますが、ネットショップの集客におすすめのネット広告を紹介します。

リスティング広告

検索連動型広告とも呼ばれるリスティング広告は、ネット広告の中で最も売り上げに効果的な方法です。
ネットショップの集客で取り入れられやすい広告でターゲットユーザーにダイレクトに届くというメリットがあります。

ユーザーがある特定のキーワードを入力して検索したとき、そのキーワードに合った広告が表示されます。
検索したユーザーは、すでに特定のキーワードについて関心をもっているため購入につながりやすい可能性が高いことが特徴です。

また、どの広告から購入したか結果を確認できるため、PDCAのサイクルで継続する効果的な広告運用が可能です。

アフィリエイト広告

リスティング広告ほどの効果は薄いですが、成果報酬なので費用対効果に優れた広告方法です。
アフィリエイターといわれる個人や企業がブログなどのサイトに広告を掲載し、「おすすめショップ」「おすすめアイテム」といった形で紹介してくれる方法です。
人気のあるブロガーやアフィリエイターが宣伝してくれれば効果的ですが、ネットショップやアイテム自体の魅力によって宣伝されない場合も少なくありません。

ディスプレイ広告

リスティング広告は検索によって表示される広告である一方、ディスプレイ広告はWebサイトやアプリの広告枠に表示される広告です。
テキストや動画なども含みバナー広告ともいわれます。
幅広いユーザーにアプローチしやすいですが、リスティング広告のように購入につながるターゲット層には届きにくく費用対効果が低いデメリットがあります。

動画広告

動画配信による広告には、YouTubeなどを活用したインストリーム動画広告やインリード動画広告などがあります。

インストリーム動画広告もインリード広告は映像や音声、文字によって分かりやすくダイレクトに魅力を伝えるメリットがあります。
しかし視聴されなければ効果は期待薄く、商品の購入見込みのあるユーザーが集客できるかという点については、リスティング広告の方が効果的でしょう。

SNS広告

Instagram、LINE、Twitter、Facebookなどのソーシャルメディアが提供する広告がSNS広告です。
企業アカウントから自社サイトまでの誘導や自社製品の宣伝を、コストをかけずにできイメージアップや拡散での宣伝効果が期待できます。
広告や検索でヒットしないユーザーにネットショップを周知してもらえる懸け橋となりますし、画像や動画を活用し分かりやすくアプローチできることもメリットとなります。

しかし、一定のフォロアーがいない場合はアカウント育成からスタートしなければならず長期的な戦略が必要です。
また、成果が出るまで時間がかかることやSNSによってユーザー層が異なるためSNSの選び方次第で成功が左右されることがデメリットです。

SNS広告のみではなく、リスティング広告と併用することでより効果的な集客が見込めるでしょう。

ネットショップはリスティング広告での集客が◎

ネット上で広告を出す方法の中でネットショップの集客にはリスティング広告が効果的であり、いくつかの方法を併用することでより集客につながることが分かりました。
しかし、リスティング広告の運用には広告運用だけでなく、マーケティング施策の知識やスキルが必要です。

ネットショップ運営は手間も時間もかかりますし、宣伝のために知識とスキルももった人材を新たに採用となるとコストもかかります。

「お金を出して広告を出せば検索上位に出るんでしょ?」と多くの方は勘違いします。
リスティング広告を掲載する場合は、出した広告費だけでなくサイトの中身や質も判断材料になるのです。

優先的に広告を表示されるためには、検索キーワードとネットショップの内容やサイトの使いやすさなど、質を高める必要があります。

そこでおすすめしたいのがWEB集客サービスの活用です。
サービスを行う業者の中には“依頼主に言われた通りの仕事だけ行う”という業者もいますが、ともに相談しながらゴールへ向かい運用できる業者が「eさぽ」です。
事業者の目線にたって新しい提案や臨機応変な実行に対応する業者に依頼することで、効率良く有益な集客を実現できるでしょう。

eさぽでは、広告業界10年のノウハウ、WEBメディア運用の実績をもった経験豊富なスタッフが中小企業の集客課題をサポートします。
集客の実績があるからこそ、集客の結果の報告やWEB集客の解析を行い効果的なリスティング広告の運用をはじめることができるのです。

【まとめ】リスティング広告で集客アップを目指そう!

いかがでしたでしょうか?
ネットショップの売れない理由や効果的な集客を生むネット広告について説明しました。

実績とノウハウをもった業者に依頼しネットショップに有効なリスティング広告を適切に運用すれば、検索順位上位を目指すことも不可能ではありません。
検索意図に合ったサイト構築と内容でニーズに合った訴求力のある広告運用を効率良く行いますので、事業者の時間や手間を節約することもできます。

ぜひ信頼できる業者を選び、二人三脚で“売れる”ネットショップを作り上げてください。